ライセンス

このファイルは、以下にリストされているプロジェクトに基づいているか、そのプロジェクトの素材を組み込んでいます。 GOTrust Technology Inc.がそのような第三者IPを受け取った元の著作権表示とライセンスを以下に示します。このようなライセンスと通知は、情報提供のみを目的として提供されています。 GO-Trustは、GO-Trust Technology Inc.製品のライセンス条件に基づいて、サードパーティIPをライセンスします。 GO-Trust Technology Inc.は、黙示的、禁反言、その他を問わず、本契約に基づいて明示的に付与されていないその他すべての権利を留保します。

QRCodeReaderViewController

ライセンス(MIT) Copyright(c)2014-present-Yannick Loriot これにより、このソフトウェアおよび関連するドキュメントファイル(以下「ソフトウェア」)のコピーを取得するすべての人に、使用、コピー、変更、マージの権利を含むがこれに限定されない制限なしでソフトウェアを扱うことが許可されます。以下の条件に従って、本ソフトウェアのコピーを発行、頒布、サブライセンス、および/または販売し、本ソフトウェアの提供を受けた者がそうすることを許可する。 上記の著作権表示とこの許可通知は、ソフトウェアのすべてのコピーまたは実質的な部分に含まれるものとします。 本ソフトウェアは「現状有姿」で提供され、商品性、特定の目的への適合性、非侵害性の保証に限定されるものではなく、明示または黙示を問わず、いかなる種類の保証もありません。いかなる場合も、著作者または著作権者は、契約、不法行為、またはその他の責任を問わず、本ソフトウェアまたは本ソフトウェアの使用またはその他の取引から生じた、またはそれらに関連して生じたいかなる請求、損害、その他の責任についても責任を負わないものとします。ソフトウェア。

iOS-スライドメニュー

ライセンス(MIT) Copyright(c)2013 Aryan Ghassemi。全著作権所有。 これにより、このソフトウェアおよび関連するドキュメントファイル(以下「ソフトウェア」)のコピーを取得するすべての人に、使用、コピー、変更、マージの権利を含むがこれに限定されない制限なしでソフトウェアを扱うことが許可されます。以下の条件に従って、本ソフトウェアのコピーを発行、頒布、サブライセンス、および/または販売し、本ソフトウェアの提供を受けた者がそうすることを許可する。 上記の著作権表示とこの許可通知は、ソフトウェアのすべてのコピーまたは実質的な部分に含まれるものとします。 本ソフトウェアは「現状有姿」で提供され、商品性、特定の目的への適合性、非侵害性の保証に限定されるものではなく、明示または黙示を問わず、いかなる種類の保証もありません。いかなる場合も、著作者または著作権者は、契約、不法行為、またはその他の責任を問わず、本ソフトウェアまたは本ソフトウェアの使用またはその他の取引から生じた、またはそれらに関連して生じたいかなる請求、損害、その他の責任についても責任を負わないものとします。ソフトウェア。

cbor

Copyright 2014-2015 Stanislav Ovsyannikov

Apacheライセンス

バージョン2.0、2004年1月

http://www.apache.org/licenses/

使用、複製、および配布の条件

1.定義。

「ライセンス」とは、このドキュメントのセクション1から9で定義された使用、複製、および配布の条件を意味するものとします。 「ライセンサー」とは、ライセンスを付与する著作権所有者または著作権所有者によって承認されたエンティティを意味します。 「法的エンティティ」とは、そのエンティティを管理している、管理されている、またはそのエンティティと共通の管理下にある、他のすべてのエンティティと活動しているエンティティの結合を意味します。この定義において、「支配」とは、

(i)直接的または間接的に、契約によるかどうかにかかわらず、そのようなエンティティの指示または管理を引き起こす力、または

(ii)50%(50%)の所有権、またはより多くの発行済み株式、または

(iii)そのような事業体の有利な所有。 「お客様」(または「お客様」)とは、このライセンスによって付与される権限を行使する個人または法人を意味します。 「ソース」フォームとは、ソフトウェアソースコード、ドキュメントソース、および構成ファイルを含むがこれらに限定されない、変更を行うための好ましいフォームを意味するものとします。 「オブジェクト」フォームとは、コンパイルされたオブジェクトコード、生成されたドキュメント、および他のメディアタイプへの変換を含むがこれらに限定されない、ソースフォームの機械的な変換または変換から生じるフォームを意味します。 「作品」とは、著作物に含まれているまたは添付されている著作権表示で示されているように、ソースまたはオブジェクトの形式にかかわらず、ライセンスに基づいて提供された著作物の作品を指します(例は以下の付録に記載されています)。 「派生著作物」とは、ソース形式またはオブジェクト形式にかかわらず、その作品に基づいた(または派生した)作品であり、編集上の修正、注釈、詳細、またはその他の変更が全体として元の作品を表す著者の。このライセンスの目的のために、派生著作物には、その成果物および派生著作物から分離可能なままの作品、または単にその作品のインターフェースにリンク(または名前でバインド)する作品は含まれません。

「寄稿」とは、著作物の元のバージョンと、その著作物またはその派生著作物への変更または追加を含む、著作権者または個人によって著作物に含めるために意図的にライセンサーに提出された著作物の著作物を意味します。著作権所有者に代わって提出を許可された法人。この定義において、「提出」とは、ライセンサーまたはその代表者に送信されるあらゆる形式の電子的、口頭または書面による通信を意味します。これには、電子メーリングリスト、ソースコード管理システム、および問題追跡システムでの通信が含まれますが、これらに限定されません。著作物について話し合い、改善する目的でライセンサーが管理する、またはライセンサーに代わって管理されるが、著作権所有者が「寄稿ではない」と明示的にマークしたり書面で指定したりしたコミュニケーションは除外する 「コントリビューター」とは、ライセンサー、およびライセンサーがコントリビューションを受け取った後に作品に組み込まれた個人または法人を意味します。

2.著作権ライセンスの付与。このライセンスの条件に従い、各コントリビューターは、複製、派生作品の準備、公開表示、公開を実行するための永続的で世界規模の非独占的、無料、ロイヤルティフリーの取り消しできない著作権ライセンスをここに付与します。サブライセンスを取得し、著作物およびそのような派生著作物をソース形式またはオブジェクト形式で配布する。

 

3.特許ライセンスの付与。このライセンスの条件に従い、各コントリビューターは、ここに、永続的、世界的、非独占的、無料、ロイヤルティフリー、変更不可(このセクションに記載されている場合を除く)の特許ライセンスを付与します。作品の使用、販売の申し出、販売、輸入、およびその他の方法で譲渡する場合、かかるライセンスは、寄稿者のみまたは寄稿との組み合わせによって必然的に侵害される寄稿者によってライセンス可能な特許クレームにのみ適用されますそのような寄稿が提出された作品。作品または作品内に組み込まれた寄稿が直接または寄稿の特許侵害であると主張するエンティティ(訴訟のクロスクレームまたは反訴を含む)に対して特許訴訟を起こした場合、このライセンスに基づいてあなたに付与された特許ライセンスそのような訴訟が提起された日付で作業は終了するものとします。

4.再配布。以下の条件を満たしていれば、著作物またはその派生著作物の複製物を、改変の有無にかかわらず、ソースまたはオブジェクト形式で、任意の媒体で複製および頒布することができます。

 

  1. 作品または派生作品の他の受信者には、このライセンスのコピーを提供する必要があります。そして 変更されたファイルには、ファイルを

  2. 変更したことを示す目立つ通知を含める必要があります。そして

  3. お客様は、配布する派生著作物のソース形式で、著作物のソース形式からのすべての著作権、特許、商標、および帰属の通知を保持する必要があります。ただし、派生著作物のいかなる部分にも関連しない通知を除きます。そして

  4. 作品に配布の一部として「通知」テキストファイルが含まれている場合、配布する派生著作物には、そのような通知ファイルに含まれる帰属通知の読み取り可能なコピーを含める必要があります。ただし、派生著作物、以下の場所の少なくとも1つ:派生著作物の一部として配布されるNOTICEテキストファイル内。派生著作物とともに提供されている場合は、ソースフォームまたはドキュメント内。または、派生著作物によって生成された表示内で、そのような第三者の通知が通常表示される場合。 NOTICEファイルの内容は情報提供のみを目的としており、ライセンスを変更するものではありません。お客様は、著作物と一緒に、または補足として配布する派生著作物内に独自の帰属通知を追加することができます。ただし、かかる追加の帰属通知をライセンスの変更と解釈することはできません。

5.寄付の提出。あなたが明示的に別段の定めがない限り、あなたが作品に含めるために意図的にライセンサーに提出した寄稿は、追加の条件なしに、このライセンスの条件の下にあるものとします。上記にかかわらず、ここに記載されている内容は、そのような寄稿に関してライセンサーと締結した個別のライセンス契約の条項に優先するものではありません。

 

6.商標。本ライセンスは、著作物の出所を説明し、通知ファイルの内容を複製する際の合理的かつ慣習的な使用に必要な場合を除き、ライセンサーの商号、商標、サービスマーク、または製品名の使用を許可しません。

 

7.保証の否認。準拠法で要求されていないか、書面で合意されていない限り、ライセンサーは、明示または黙示を問わず、いかなる種類の保証も条件も含めて、「現状のまま」の状態で作品を提供します(各貢献者はその貢献を提供します)。タイトル、非侵害、商品性、または特定の目的への適合性の保証または条件。お客様は、作品の使用または再配布の適切性を判断する責任を単独で負い、本ライセンスに基づく許可の行使に関連するリスクを負うものとします。

 

8.責任の制限。いかなる場合においても、いかなる法的理論の下でも、不法行為(過失を含む)、契約、またはその他、適用される法律(故意で重大な過失行為など)による要求または書面での合意がない限り、寄稿者はお客様に対して以下の責任を負うものとします。このライセンスの結果として、または作品の使用または使用不能から生じた、いかなるキャラクターの直接的、間接的、特別、偶発的、または結果的損害を含む損害(のれんの損失、作業の停止を含むがこれらに限定されない) 、コンピュータの故障または誤動作、またはその他すべての商業的損害または損失)、たとえそのような寄稿者がそのような損害の可能性について知らされていたとしても。

 

9.保証または追加の責任の受け入れ。成果物またはその派生成果物を再頒布する際に、サポート、保証、補償、またはこのライセンスと一致するその他の責任の義務および/または権利を受け入れることを選択し、それらに料金を請求することができます。ただし、そのような義務を受け入れる場合、お客様は他の寄稿者のためにではなく、ご自身の責任においてのみ行動することができます。また、各寄稿者が被ったいかなる責任についても補償、防御、および無害であることに同意する場合に限り、またはあなたがそのような保証または追加の責任を受け入れることを理由としてそのような寄稿者に対して主張された主張。 利用規約の終わり

 

付録:作業にApacheライセンスを適用する方法。 作業にApacheライセンスを適用するには、角かっこ「[]」で囲まれたフィールドを独自の識別情報に置き換えて、次の定型文の通知を添付します。 (大括弧は含めないでください。)テキストは、ファイル形式に適したコメント構文で囲む必要があります。また、サードパーティのアーカイブ内で簡単に識別できるように、ファイルまたはクラスの名前と目的の説明を著作権情報として同じ「印刷されたページ」に含めることをお勧めします。

著作権[yyyy] [著作権者の名前] Apacheライセンス、バージョン2.0(「ライセンス」)に基づいてライセンスされます。ライセンスに準拠する場合を除き、このファイルを使用することはできません。ライセンスのコピーは、次の場所で入手できます。 http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0 適用法で義務付けられているか、書面で合意されていない限り、ライセンスに基づいて配布されるソフトウェアは、明示または黙示を問わず、いかなる保証も条件もなしに、「現状のまま」で配布されます。ライセンスに基づく権限と制限を規定する特定の言語については、ライセンスを参照してください

OpenSSL​

ライセンスの問題 OpenSSLツールキットはダブルライセンスの下にあります。つまり、OpenSSLライセンスの条件と元のSSLeayライセンスの両方がツールキットに適用されます。実際のライセンステキストについては、以下を参照してください。

 

OpenSSLライセンス Copyright(c)1998-2017 OpenSSL Project。全著作権所有。

* *ソースおよびバイナリ形式での*再配布および使用は、変更の有無にかかわらず、*以下の条件を満たす場合に許可されます。

* * 1.ソースコードの再配布には、上記の著作権表示、この条件のリスト、および次の免責事項を含める必要があります。

* * 2.バイナリ形式の再配布では、上記の著作権表示、この条件のリスト、および*配布で提供されるドキュメントおよび/またはその他の資料の*免責事項を複製する必要があります。

* * 3.このソフトウェアの機能または使用について言及するすべての広告資料には、次の謝辞を表示する必要があります。* "この製品には、OpenSSL Toolkitで使用するためにOpenSSLプロジェクトによって開発されたソフトウェアが含まれます。*(http://www.openssl.org /)」

* * 4.「OpenSSL Toolkit」および「OpenSSL Project」という名前は、*書面による事前の許可なしに、*このソフトウェアから派生した製品を推奨または宣伝するために使用してはなりません。書面による許可については、* openssl-core@openssl.orgにお問い合わせください。

* * 5.このソフトウェアから派生した製品は、「OpenSSL」と呼ばれてはならず、* OpenSSLプロジェクトの書面による事前の許可なしに、「OpenSSL」がその名前に表示されることはありません。

* * 6.いかなる形式の再配布でも、次の謝辞を保持する必要があります。* "この製品には、OpenSSL Toolkitで使用するためにOpenSSLプロジェクトによって開発されたソフトウェアが含まれます*(http://www.openssl.org/)" * *これソフトウェアはOpenSSLプロジェクトによって「現状のまま」提供され、*明示または黙示の保証を含みますが、商品性および特定の*目的への適合性の暗黙の保証はこれに限定されません。いかなる場合も、OpenSSLプロジェクトまたは*その寄稿者は、直接的、間接的、偶発的、*特別、例示的、または結果的な損害(責任を含みますが、これらに限定されない、代替商品またはサービスの調達、*使用の損失)に対して責任を負わないものとします。データ、利益、またはビジネスの中断)*責任の理論に基づいて、契約にかかわらず、*責任を問わず、または不法行為(過失またはその他の場合を含む)*いずれかの方法でこのソフトウェアを使用した場合そのような損害の可能性について助言*。

* *この製品には、Eric Young *(eay@cryptsoft.com)が作成した暗号化ソフトウェアが含まれています。この製品には、Tim * Hudson(tjh@cryptsoft.com)によって作成されたソフトウェアが含まれています。 * * /オリジナルのSSLeayライセンス----------------------- / * Copyright(C)1995-1998 Eric Young(eay@cryptsoft.com)* All rights予約済み。 * *このパッケージは、Eric Young(eay@cryptsoft.com)によって*作成されたSSL実装です。 *実装は、NetscapeのSSLに準拠するように記述されています。 * *このライブラリは、次の条件が満たされている限り、商用および非商用の*無料で使用できます。以下の条件は、RC4、RSA、lhash、DESなどのコードであっても、この配布に含まれるすべてのコードに適用されます。 SSLコードだけではありません。このディストリビューションに含まれているSSLドキュメント*は、所有者がTim Hudson(tjh@cryptsoft.com)であることを除いて、同じ著作権条項によってカバーされています。 * *著作権はEric Youngが保持しているため、コード内の著作権表示は*削除されません。 *このパッケージが製品で使用される場合、Eric Youngには、使用されるライブラリの一部の作成者としての帰属が与えられる必要があります。 *これは、プログラムの起動時のテキストメッセージの形式、または*パッケージで提供されるドキュメント(オンラインまたはテキスト)の形式にすることができます。 * *ソースおよびバイナリ形式での*再配布および使用は、変更の有無にかかわらず、*以下の条件を満たす場合に許可されます。

* 1.ソースコードの再配布には、著作権表示、この条件のリスト、および次の免責事項を含める必要があります。

* 2.バイナリ形式での再配布では、上記の著作権表示、この条件のリスト、および次の免責事項を

*配布物とともに提供されるドキュメントおよび/またはその他の資料に複製する必要があります。

* 3.このソフトウェアの機能または使用法について言及するすべての広告資料には、次の謝辞を表示する必要があります。

*「この製品には、

* Eric Young(eay@cryptsoft.com)によって作成された暗号化ソフトウェアが含まれています」

*「暗号化」という言葉は省略できます。使用されているライブラリ*のルーチンが暗号に関連していない場合:-)。

* 4.アプリディレクトリ(アプリケーションコード)からWindows固有のコード(またはその派生物)を*含める場合は、次の謝辞を含める必要があります。

*「この製品には、Tim Hudson(tjh@cryptsoft.com)によって記述されたソフトウェアが含まれます」* *このソフトウェアは、エリックヤングにより「現状有姿」で提供され、

*商品性および特定の目的への適合性の暗黙の保証を含むがこれに限定されない、いかなる明示的または黙示的な保証も放棄されます。いかなる場合も、著者または寄稿者は、

*直接的、間接的、偶発的、特別、例示的、または結果的

*な損害に対して責任を負わないものとします。利益、またはビジネスの中断)

*責任の理論にかかわらず、契約、厳格

*責任、または不法行為(過失またはその他の場合を含む)に起因するかどうかにかかわらず、このソフトウェアの使用にかかわらず

*このソフトウェアの使用

*このような損害の可能性。

* *このコードの公的に利用可能なバージョンまたは派生物の*ライセンスおよび配布条件は変更できません。つまり、このコードを単純に*コピーして別の配布ライセンスの下に置くことはできません* [GNU Public Licenceを含む]。

 

 

 

ネットワークセキュリティサービス(NSS)

NSSはMozilla Public Licenseバージョン2で利用できます。そのコピーは以下にあります。 GPL互換性に関する注意 MPL 2、セクション3.3では、NSSをGNU General Public License(GPL)バージョン2またはそれ以降のバージョンのライセンスに基づくコードと組み合わせて、より大きな作品を作成し、GPLに基づいて結果を配布することができます。唯一の条件は、NSSとそれに加えた変更をMPL 2の条件に基づいて受信者が利用できるようにする必要があることです。あなたから結合されたコードを受け取った人は、この方法でデュアルライセンスを継続する必要はありません。必要に応じて、2つのライセンス(MPLのみまたはGPLのみ)のいずれかの条件で配布できます。ただし、NSLのコピーをGPLのみで配布することはお勧めしません。これは、彼らが行った改善をNSSのメインバージョンに組み込むことはできないためです。ライセンスの互換性の理由から、これを行う必要はありません。 LGPL互換性に関する注意 上記は、単一のライブラリ内のMPLされたコードを、GNU Lesser General Public License(LGPL)バージョン2.1またはそれ以降のバージョンのライセンスに基づくコードと組み合わせる場合にも適用されます。 LGPLされたコードとMPLされたコードが同じライブラリにない場合、2つのライセンスのコピーレフトの適用範囲は重複しないため、問題は発生しません。 Mozilla Public Licenseバージョン2.0

 

1.定義

1.1.「寄稿者」とは、対象ソフトウェアの作成、作成に貢献、または所有する各個人または法人を意味します。

1.2. 「コントリビューターバージョン」とは、コントリビューターが使用する他のコントリビューション(存在する場合)とその特定のコントリビューターのコントリビューションの組み合わせを意味します。

1.3. 「コントリビューション」とは、特定のコントリビューターの対象ソフトウェアを意味します。

1.4.「対象ソフトウェア」とは、最初の寄稿者が別紙Aの通知を添付したソースコードフォーム、そのようなソースコードフォームの実行可能フォーム、およびそのようなソースコードフォームの変更を意味します。

1.5.「セカンダリライセンスと互換性がない」とは、

(a)最初の寄稿者が別紙Bに記載されている通知を対象ソフトウェアに添付したことを意味します。または

(b)対象ソフトウェアがバージョン1.1以前のライセンスの条件の下で利用可能になったが、二次ライセンスの条件の下では利用できなかった場合。

1.6. 「実行可能フォーム」とは、ソースコードフォーム以外のあらゆる形式の作品を意味します。

1.7.「より大きな作品」とは、対象ソフトウェアを、対象ソフトウェアではない別のファイルで他の素材と組み合わせた作品を意味します。

1.8. 「ライセンス」とは、この文書を意味します。

1.9. 「ライセンス可能」とは、最初の付与時でもその後でも、このライセンスによって伝達されるすべての権利を、可能な限り最大限に付与する権利を持つことを意味します。

1.10. 「変更」とは、以下のいずれかを意味します。

(a)対象ソフトウェアの内容の追加、削除、または変更の結果として生じるソースコード形式のファイル。または

(b)対象ソフトウェアを含むソースコード形式の新しいファイル。

1.11.コントリビューターの「特許クレーム」とは、著作権侵害によって侵害される可能性のある、そのようなコントリビューターがライセンスを取得できる特許における、方法、プロセス、および装置のクレームを含むがこれらに限定されないすべての特許クレームを意味します。 、そのコントリビューションまたはそのコントリビューターバージョンのいずれかを使用、販売、販売提供、作成、インポート、または譲渡。

1.12.「二次ライセンス」とは、GNU General Public License、バージョン2.0、GNU Lesser General Public License、バージョンのいずれかを意味します

 

 

2.1、GNU Affero General Public License、バージョン3.0、またはそれらのライセンスのそれ以降のバージョン。 1.13。 「ソースコードフォーム」とは、変更を加えるのに好ましい作業のフォームを意味します。 1.14。 「お客様」(または「お客様」)とは、本ライセンスに基づいて権利を行使する個人または法人を意味します。法人の場合、「あなた」には、あなたを管理している、あなたによって管理されている、またはあなたと共通の管理下にあるエンティティが含まれます。この定義の目的において、「管理」とは、(a)契約によるかどうかに関係なく、そのようなエンティティの指示または管理を引き起こす直接的または間接的な力、または(b)50%を超える(50%)の所有権を意味するそのようなエンティティの発行済み株式または受益所有権の。

 

2.ライセンスの付与と条件

2.1.各コントリビューターは、ここに全世界のロイヤルティフリーの非独占的ライセンスを付与します。

(a)知的財産権(特許または商標以外)に基づき、コントリビューターが使用、複製、利用可能、変更、表示するためのライセンス変更を加えずに、変更を加えて、または大規模な作業の一部として、その貢献を実行、配布、およびその他の方法で利用する。

(b)その寄稿者の特許請求に基づいて、寄稿または寄稿者バージョンのいずれかを作成、使用、販売、販売の申し出、作成、インポート、およびその他の方法で譲渡すること。

2.2.発効日2.1で付与された寄付に関してライセンスは、寄稿者が最初に寄付を配布した日に各寄付に対して有効になります。

2.3.付与範囲の制限このセクション2で付与されるライセンスは、このライセンスに基づいて付与される唯一の権利です。このライセンスに基づく対象ソフトウェアの配布またはライセンスから、追加の権利またはライセンスが暗示されることはありません。上記のセクション2.1(b)にかかわらず、コントリビューターは特許ライセンスを付与しません。

(a)コントリビューターが対象ソフトウェアから削除したコード。または

(b)以下に起因する侵害の場合:

(i)お客様およびその他の第三者による対象ソフトウェアの変更、または

(ii)他のソフトウェアとのコントリビューションの組み合わせ(コントリビューターバージョンの一部を除く)。または

(c)寄稿がなかった場合に対象ソフトウェアによって侵害された特許クレーム。このライセンスは、コントリビューターの商標、サービスマーク、またはロゴのいかなる権利も付与しません(セクション3.4の通知要件に準拠するために必要な場合を除きます)。

2.4.後続のライセンス寄稿者は、このライセンスの後続のバージョン(セクション10.2を参照)または二次ライセンスの条件(セクション3.3の条件で許可されている場合)に基づいて対象ソフトウェアを配布することを選択した結果、追加の付与を行いません。

2.5.表現各コントリビューターは、コントリビューターがそのコントリビューションが最初の作成物であると信じているか、またはこのライセンスによって伝達されるコントリビューションに権利を付与する十分な権利があることをコントリビューターに表明します。

2.6.フェアユースこのライセンスは、フェアユース、フェアディーリング、またはその他の同等の適用可能な著作権法に基づいてお客様が所有する権利を制限するものではありません。

2.7.条件セクション3.1、3.2、3.3、および3.4​​は、セクション2.1で付与されるライセンスの条件です。

 

3.責任

3.1。ソースフォームの配布対象ソフトウェアのソースコードフォームでのすべての配布は、お客様が作成した、またはお客様が提供した変更を含め、このライセンスの条件に準拠している必要があります。対象ソフトウェアのソースコードフォームがこのライセンスの条件に準拠していること、およびこのライセンスのコピーを取得する方法を受信者に通知する必要があります。ソースコードフォームの受信者の権利を変更または制限することはできません。

3.2。実行可能形式の配布対象ソフトウェアを実行可能形式で配布する場合、(a)3.1で説明されているように、対象ソフトウェアをソースコードフォームでも利用できるようにする必要があります。また、実行形式の受信者に取得方法を通知する必要があります。受信者への配布にかかる費用以下の料金で、適時に適切な方法でそのようなソースコードフォームをコピーすること。 (b)お客様は、実行可能フォームのライセンスが、これに基づくソースコードフォームの受信者の権利を制限または変更しないことを条件として、このライセンスの条件に基づいてかかる実行可能フォームを配布するか、または異なる条件に基づいてサブライセンスすることができます。ライセンス。

3.3。大規模な作品の頒布お客様は、対象ソフトウェアに関する本ライセンスの要件にも従うことを条件として、選択した条件に基づいて、大規模な作品を作成および頒布することができます。大規模な著作物が対象ソフトウェアと1つ以上の二次ライセンスによって管理される著作物の組み合わせであり、対象ソフトウェアが二次ライセンスと互換性がない場合、本ライセンスは、かかる二次ライセンスの条件に基づいて対象ソフトウェアを追加で配布することを許可します( s)より大きな作品の受領者は、必要に応じて、本ライセンスまたはかかる二次ライセンスのいずれかの条件に基づいて対象ソフトウェアをさらに配布することができます。

3.4。通知対象ソフトウェアのソースコードフォームに含まれるライセンス通知(著作権通知、特許通知、保証の否認、または責任の制限を含む)の内容を削除または変更することはできません。ただし、既知の事実不正確を修正するために必要な範囲。 

3.5。追加条件の適用お客様は、対象ソフトウェアの1人以上の受領者に対して、保証、サポート、補償、または義務を提供し、料金を請求することを選択できます。ただし、あなたは自分自身のためにのみこれを行うことができ、いかなる貢献者のために行うことはできません。お客様は、かかる保証、サポート、補償、または責任の義務がお客様のみによって提供されることを完全に明確にする必要があり、保証、サポート、補償、または責任の結果としてかかるコントリビューターが被った責任について、すべてのコントリビューターを補償することに同意するものとします。あなたが提供する条件。保証の免責事項および管轄に固有の責任の制限を追加できます。

 

4.法令または規制により遵守できない 

 

法令、司法命令、または規制により、対象ソフトウェアの一部またはすべてに関して、お客様が本ライセンスの条件のいずれかに準拠することが不可能な場合、お客様は次のことを行う必要があります。可能な最大範囲; (b)制限とそれらが影響するコードについて説明します。このような説明は、このライセンスに基づく対象ソフトウェアのすべてのディストリビューションに含まれているテキストファイルに配置する必要があります。法令または規制によって禁止されている範囲を除き、そのような説明は、通常のスキルのある受信者が理解できるように十分に詳細でなければなりません。

 

5.終了

5.1.このライセンスに基づいて付与された権利は、お客様がその条件のいずれかを遵守しない場合、自動的に終了します。ただし、お客様が準拠した場合、このライセンスに基づいて特定の寄稿者から付与された権利は、

(a)寄稿者が明示的に最終的にあなたの付与を終了しない限り、暫定的に、

(b)継続的に、そのような寄稿者が失敗した場合に復元されます。お客様がコンプライアンスに戻ってから60日前までに、合理的な手段でコンプライアンス違反を通知すること。さらに、特定のコントリビューターからのあなたの助成金は、そのようなコントリビューターが何らかの妥当な手段で非準拠を通知した場合、継続的に回復されます。これは、このようなコントリビューターからこのライセンスの非準拠の通知を受け取ったのが初めてであり、そして通知を受け取ってから30日前にコンプライアンスを遵守します。

5.2.寄稿者のバージョンが直接または間接的に特許を侵害していると主張する特許侵害の申し立て(宣言的判決訴訟、反訴、および相互請求を除く)を主張することにより、いずれかの事業体に対して訴訟を起こした場合、このライセンスのセクション2.1に基づく対象ソフトウェアの寄稿者は終了します。

5.3.上記のセクション5.1または5.2に基づく終了の場合、終了前に本ライセンスに基づいてお客様またはお客様のディストリビューターによって有効に付与されたすべてのエンドユーザーライセンス契約(ディストリビューターおよびリセラーを除く)は、終了後も存続します。

 

6.保証の否認

 

対象ソフトウェアは、このライセンスの下で「現状のまま」提供されます。

* *明示または黙示のいずれの種類の保証もない* *法定。これには、* *対象ソフトウェアに欠陥がなく、商品化可能であり、* *特定の目的または非侵害に適合することが保証されます。 対象ソフトウェアの* *品質とパフォーマンスに関する全体的なリスクはお客様にあります。 * *対象ソフトウェアに何らかの点で欠陥があることが判明した場合、*(コントリビューターではなく)* *必要なサービス、修理、または修正の費用を*負担します。この保証の免責事項は、このライセンスの* *重要な部分を構成します。対象ソフトウェアの使用は、* *この免責事項を除き、本ライセンスに基づいて許可されません。

7.責任の制限* * -------------------------- * * * *いかなる状況および法的理論の下でも不法行為* * (過失を含む)、契約、またはその他、* *貢献者、または上記で許可された* *対象ソフトウェアを配布する者は、*キャラクターの直接的、間接的、*特別、偶発的、または結果的損害についてユーザーに責任を負うものとします。 * *利益を失った場合の損害、* *のれんの喪失、作業の停止、コンピュータの故障または誤動作、または* *およびその他のすべての商業的な損害または損失を含みます。そのような損害の可能性。この* *責任の制限は、死亡または* *該当する法律がそのような制限を禁止する範囲でのそのような当事者の過失に起因する* *人身傷害の責任には適用されません。一部の* *管轄区域では、偶発的または結果的損害の* *除外または制限が許可されないため、この除外および* *制限がお客様に適用されない場合があります。

 

8.訴訟

このライセンスに関連する訴訟は、被告がその主要な事業所を維持している管轄の裁判所でのみ提起することができ、かかる訴訟は以下の法​​律に準拠するものとします。法の抵触に関する条項を参照せずに、その管轄。このセクションのいかなる規定も、当事者が相互請求または反対請求を行う能力を妨げるものではありません。

 

9.その他

このライセンスは、その主題に関する完全な合意を表します。このライセンスのいずれかの規定が施行不能であると判断された場合、かかる規定は、施行可能にするために必要な範囲でのみ修正されるものとします。契約の文言が起草者に対して解釈されることを規定するいかなる法律または規制も、コントリビューターに対して本ライセンスを解釈するために使用されないものとします。

 

10.ライセンスのバージョン

10.1.新しいバージョンMozilla Foundationはライセンススチュワードです。セクション10.3で規定されている場合を除き、ライセンススチュワード以外の誰も、このライセンスの新しいバージョンを変更または公開する権利を有しません。各バージョンには、区別するバージョン番号が付与されます。

10.2.新しいバージョンの影響お客様は、お客様が最初に対象ソフトウェアを受け取ったライセンスのバージョンの条件、またはライセンススチュワードが発行した以降のバージョンの条件に基づいて、対象ソフトウェアを配布できます。

10.3.変更されたバージョンこのライセンスで管理されていないソフトウェアを作成し、そのようなソフトウェアの新しいライセンスを作成する場合、ライセンスの名前を変更してライセンス名への参照を削除すると、このライセンスの変更されたバージョンを作成して使用できます。スチュワード(そのような変更されたライセンスはこのライセンスとは異なることに注意してください)。

10.4.セカンダリライセンスと互換性のないソースコードフォームの配布このバージョンのライセンスの条件に基づいてセカンダリライセンスと互換性のないソースコードフォームを配布する場合は、このライセンスの別紙Bに記載されている通知を添付する必要があります。

 

別紙A-ソースコードフォームライセンス通知

-このソースコードフォームには、Mozilla Public License、v。2.0の条件が適用されます。 MPLのコピーがこのファイルと共に配布されていない場合は、http://mozilla.org/MPL/2.0/で入手できます。特定のファイルに通知を入れることが不可能または望ましくない場合は、受信者がそのような通知を探す可能性が高い場所(関連するディレクトリのLICENSEファイルなど)に通知を含めることができます。著作権の所有に関する正確な通知を追加できます。

 

別紙B-「セカンダリライセンスと互換性がありません」の通知

-このソースコードフォームは、Mozilla Public License v。2.0で定義されている「セカンダリライセンスと互換性がありません」。

GoTrust ID Inc. (GoTrust)は、スマートフォンやコンピューターを用いたクラウド向けパスワードレス認証器の世界的パイオニアです。

当社について

GoTrust ID

QRコードをスキャンするとモバイル端末用アプリをダウンロードできます。

  • YouTube - White Circle
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • LinkedIn - White Circle

Copyright © 2019 by GOTRUSTID Inc. All rights reserved.